スマホOK!誰でも簡単におしゃれな子ども写真が撮れる?!カメラ講座〜後編〜



前回に引き続き、写真についてお話いたします!

そして今回は、いよいよ具体的な撮影方法をご紹介します♡



▶︎その1

『何を撮りたいのかをハッキリさせる』

撮りたい物がはっきりしていないと、ごちゃごちゃな写真になったり、

メッセージ性のない写真になってしまいます。

そんな写真からは、ストーリーが生まれませんよね。




▶︎その2

『構図を決める』

ずばり、一番のポイントは…

構図

というのも、『何だかキレイな写真!』

と直感的に思える写真は、いい構図で撮れている写真であることが多いのです。





構図というのは、全体のバランス☆

絵画や写真で、仕上がった時の効果を配慮した画面の構成のことをいいます。


構図にはいくつかのパターンがあって、

それを意識すると、写真のバリエーションがグッ増えますよ♪





✴︎日の丸構図✴︎



その名の通り、被写体を真ん中に配置する構図。

この構図を使った写真が一番多いのではないでしょうか?



【メリット】

・主体がはっきりする


【デメリット】

・よくある構図なので平凡な写真に見える


【撮影ポイント】

・背面をぼかすと、被写体がさらに際立つ

※スマホに“ポートレート機能”がある方は活用価値あり!

・思いっきり寄ってみる

・真正面からだけでなく、上や下、斜めから撮る


☆おすすめシュチュエーション☆

・記念日フォト撮影

・表情を撮りたい場合

・主人公をはっきりさせたい場合




✴︎3分割構図✴︎


画面を縦横3等分した線上もしくは交点に被写体を配置する構図。

とっても簡単なのに、いつもと違う雰囲気の写真が取れますよ☆


【メリット】

・写真にストーリー性をだすことができる!


【デメリット】

・情報量が多すぎると、まとまりがなくなる


【撮影ポイント】

・移したくない物があれば、避けるかぼかす

・人物の目線の先をあけて、三分割にする


☆おすすめシュチュエーション☆

・背景も一緒に撮影したい時

・遊んでいる場面

・雰囲気のある写真を撮りたい場合




✴︎対角線構図✴︎


対角線構図とは、写真の対角線上に被写体を配置する構図です。

写真の中で、斜めの線を意識しすることで写真が一気に上級者に♡



【メリット】

・写真に躍動感をだすことができる!


【デメリット】

・本来水平垂直なもの(例えば建物など)

 を斜めにしてしまうと不自然さがでるので注意!


【撮影ポイント】

・斜めの線を意識して被写体を写真上に配置する

・前ボケと後ろボケを使ってよりドラマチックにしてみる


☆おすすめシュチュエーション☆

・背景をより効果的にいれたい場合

・躍動感・奥行きを出したい場合

・同じものがたくさん並んでいる場合

 →奥をぼかしてみたり、手前をぼかすと躍動感を出すことができます!






いかがでしたでしょうか?♪

以上3つは写真を撮る際の基本的な構図3つです☆

ですが、この3つがとても大切なのです!



普段の写真撮影で物足りないなと感じている方は、

ぜひこの3つの手法を試していただければ

きっと素敵なお写真を残すことができるはずです♡







家族の歴史を残すなら

大阪市からもアクセス抜群!

堺市にある

おしゃれなフォトスタジオ

Ao photo(アオフォト) へ♪

☆予約フォームより、ご予約受付中☆

ニューボーン✴︎キッズ✴︎ファミリー

マタニティ✴︎七五三etc...

《プラン一覧》

どのプランも全撮影データ付き!

(もちろんデータのみOK)

▽バースデープラン ▽ベビープラン

▽ファミリー&キッズプラン(スタジオ)

▽ファミリー&キッズプラン(ロケ)

▽七五三プラン(スタジオ)

▽七五三プラン(ロケ)

▽マタニティプラン

TEL 070-4125-5175

MAIL info@aophotost.com

HP https://www.aophotost.com





8回の閲覧

070-4125-5175

撮影中などで電話に出れない場合がございます。

その場合折り返させていただきます。

​ご了承くだいさませ。