【大阪・堺市】七五三前撮りはおしゃれなフォトスタジオで♡


日本の伝統的なこどもの行事のひとつである七五三。

そもそも七五三とは…?

7・5・3歳に神社にお参りにいく行事…。

と何となく知ってはいても、なぜその歳にお祝いするか知っていますか?

本日は少しだけ七五三についての疑問や豆知識を紹介します♡


七五三とは『子どもの健やかな成長を願い、地域の氏神様に祈願する行事』です。

「子どもは神の子」

その昔、日本では7歳までは神の子とされていました。

医療が発達した今では考えられないことかもしれないですが、

昔は7歳までに命を落とす子どもは60%以上!!

特に3歳までに命を落とす確率は50%以上と非常に高かったのです。

そのため室町時代ごろから、健康を願う、また生きてることへの感謝も込める儀式が公家を中心に行われてきました。

この儀式が江戸時代に武家に広まり、明治時代には庶民にも広まり現代の形になったと言われています。


でもなぜ七・五・三歳の年に行うのでしょうか?

3歳 髪置きの儀

3歳になると髪を伸ばし始める「髪置の儀」を行います。

おもに女の子の儀式ですが、男の子が行っても大丈夫です。


5歳 袴着の儀

初めて袴を着るようになるのが5歳。

基本的に男の子が行う儀式です。