​七五三

いつものように

大阪・堺で七五三前撮りロケーション・スタジオ写真ならAo photo(アオフォト)へ

 

​plan

土日祝 +¥10000

¥58,000-

七五三ロケ

撮影

全データ

約200cat

ロケ車

​着物1着

着付け

ヘアセット

*衣装・着付け・ヘアセットが不要な場合の料金も同じです

​*プラス1万円で私服のスタジオ撮影もご利用いただけます

方違神社

大仙日本庭園

大泉緑地

+10000yen

ロケ地

 

七五三スタジオ

¥48,000-

土日祝 +¥10000

撮影

全データ

約100cat

​着物1着

着付け

ロケ車

ヘアセット

*衣装・着付け・ヘアセットが不要な場合の料金も同じです

アイテム↓

ロケーション撮影のメリット
スタジオ撮影のメリット
 

七五三について

◆そもそも七五三って?

そもそも七五三ってなんでしょうか?

7・5・3歳に神社にお参りにいく行事...と何となく思ってはいても、その意味や由来を考えたことはありますか?

​ここでは七五三についての疑問や豆知識を紹介します。

七五三とは『子どもの健やかな健康を願い、地域の氏神様に祈願に行く行事』です。

​近年では七五三を撮影だけでおわらす方も少なくありません。

​①七五三の由来・歴史

「子どもは神の子」

その昔、日本では7歳までは神の子とされていました。

医療が発達した今では考えられないことかもしれないですが、昔は7歳までに命を落とす子どもは60%以上!!

特に3歳までに命を落とす確率は50%以上と非常に高かったのです。

そのため室町時代ごろから、健康を願う、また生きてることへの感謝も込める儀式が公家を中心に行われてきました。

この儀式が江戸時代に武家にも広まり、明治時代には庶民にも広まり現代の形になったと言われています。​

でもなぜ七・五・三歳の年に行うのでしょうか?

 ◆髪置きの儀 : 3歳の男女が髪を伸ばし始める儀式(平安時代)

 ◆袴置の儀  :  5歳の男の子が袴を着ける儀式(平安時代)

 ◆帯解きの儀  :  7歳の女の子が帯を着ける儀式(鎌倉時代)

それぞれの時代に行われていた儀式が江戸時代に庶民にも広まり七五三という形で統一されたとされています。

また諸説ありますがその一つに 7+5+3=15

昔“15歳”で今でいう成人の年です。つまり15歳までは未完成の時期。それまでは命を落とす確率がとにかく高い。 

お月様も満月のことを十五夜と呼んだりますね。月と同じく、15で完成する(=成人する)と考えられてきたのです。

 

​~七五三の時期~

正確には旧暦の11月15日。もともとこの日は満月で秋の収穫の儀式が行われてきた日。

この日に徳川家光が長男(後の)の徳川綱吉の健康を秋の収穫とあわせて祈願したのがこの時期になった始まりとされています。

現代ではこの日だけでなく10月末~11月に行われるようになっています。

​また、誕生日月にあわせて写真に残す方も多くなっています。

 ​②女の子の七五三

~3歳「髪置の儀」~

3歳までの特に命を落とす危険があるこの時期は男女とも坊主頭にすることで頭を清潔にしていました。

3歳になると髪を伸ばし始める「髪置の儀」を行います。

おもに女の子の儀式ですが、男の子が行っても大丈夫です

~7歳「帯解きの儀」~

7歳までは子ども用の簡単な着物を着ていたのが、初めて大人と同じ帯つけて着物を着るようになります。

大人と同じ帯をつけれるようになったことを祝う儀式です。

​基本的に女の子が行う儀式です。

​ ③男の子の七五三

~5歳「袴着の儀」~

5歳になると初めて袴を着るようになります。

5歳まで成長し、袴を切ることができるようになったことを祝う儀式です。

基本的に男の子が行う儀式です。

​ ④ その他

どれだけ医療が発達したといえ、子どもの健康を願う親の気持ちは今も昔も変わりません。

Ao photoは、「お子様の成長は家族の成長」でもあると考えています。

そんな大切な節目に、Ao photoでは家族写真として七五三を祝うことができれば幸いです。

 

~キャンペーン情報~

070-4125-5175

撮影中などで電話に出れない場合がございます。

その場合折り返させていただきます。

​ご了承くだいさませ。